訪問介護に役立つ!研修資料に使える!へるぱる

訪問介護における「感染対策」とは①

記事

  • コロナ
  • 事業所内研修
  • 感染対策
  • 新型コロナ
  • 新型コロナウイルス
  • 新型コロナウイルス感染対策
  • 研修
  • 研修資料
訪問介護における「感染対策」とは①

訪問介護の現場では、常日頃から感染対策を心がけていると思いますが、新型コロナウイルスの流行により、これまで以上の危機管理が求められています。

【訪問時の感染対策 押さえるべき3つのポイント】

ポイント1
誰もがウイルスを持っている前提で対応する

ポイント2
新型コロナウイルスにおいても標準予防策(スタンダードプリコーション)を徹底

ポイント3
利用者の状況に合わせ個々で考えることが重要

これらはどの現場においても基本となる考えです。利用者宅に到着したら、まずは立ち返り、心の中で唱えてからサービスに入るようにしましょう。

本誌では、「訪問時にウイルスを持ちこまない、受け取らない」をキーワードに、シーン別に詳しい対策を掲載しています。必見です!

監修/山田雅子
聖路加国際大学教授、同大学教育センター生涯教育部部長。聖路加看護大学卒業後、聖路加国際病院、セコム在宅医療システム(株)、セコメディック病院、厚生労働省を経て、2007年より現職。在宅ケアの充実を目指して、長年さまざまな立場で取り組んでいる。現在、認知症の母を介護中。

 

取材・文/植田晴美

イラスト/フジサワミカ

関連記事
訪問介護における「感染対策」とは②(11/1 公開予定)

この記事は『へるぱる 2020年11・12月号』に掲載されています

研修特集は「感染対策」。世界中がコロナに翻弄される今、訪問介護の現場で気をつけるべきことは何か。厚生労働省のYouTube「訪問介護職員のためのそうだったのか! 感染対策!」で製作リーダー・ナレーションを担当されている、聖路加国際大学の山田雅子先生に教えていただきます。気をつけるべきことは、“ウイルスを持ち込まない 受け取らない”こと。実際のサービスの流れ、手順に沿ってポイントを解説しながら詳しく見ていきます。

巻頭特集は「チームケアで介護力を高める」。理想的なチームケアのあり方とは? 利用者、家族、サ責、ケアマネ、ホームヘルパー、主治医、デイサービスの職員と、さまざまな立場の視点も見ながら、具体的なケースを考えます。

そのほかにも、あいまいゾーン、老計第10号、料理レシピなど人気連載満載でお届けする充実の1冊です。

発売日 2020年10月1日 本体価格 1,764円+(税)

へるぱる2020年11・12月号

特集内容

巻頭特集

チームケアで介護力を高める

研修特集1

ウイルスを持ち込まない 受け取らない

感染対策

研修特集2

早く気づく 報告する

虐待防止のために何ができるか?

  • やってしまいがちな実例で考える
    介助術[第5回]
  • 「自立支援」と「重度化防止」の観点で読み解く
    老計第10号[第11回]
  • 働きやすい職場づくり[第5回]
  • 事例から考える
    あいまいゾーン[番外編]
  • 高齢者の薬&生活への影響[第3回]
  • 介護保険制度をはじめ気になる話題をお届け!
    知っとこ! 介護ニュース
  • ホームヘルパー奮闘体験
  • 愛すべきヘルパーな日々
  • 実例でわかる、応用できる!
    訪問介護の書類の書き方
  • バックナンバー販売店リスト
  • キラキラ へる★ぱる
  • へるぱるPICK UP
  • 切り取って使えます!
    季節の野菜+たんぱく質のお助けレシピ
  • アンケートハガキの回答でQUOカードプレゼント!
  • 年間購読お申し込みでプレゼント!
年間購読はコチラから
紙版を買う
  • Amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
デジタル版を買う
  • 書店によってはお取り扱いが無い場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • デジタル版は紙の雑誌と内容が異なる場合や掲載されないページがある場合がございます。また、印刷はできません。あらかじめご了承ください。
お知らせ/新着記事一覧