訪問介護に役立つ!研修資料に使える!へるぱる

低栄養と誤嚥の予防①

記事

  • サルコペニア
  • フレイル
  • 事業所内研修
  • 低栄養
  • 研修
  • 研修資料
  • 誤嚥
  • 食事介助
  • 食事支援
  • 高齢者の食と栄養
低栄養と誤嚥の予防①

なぜ、高齢になると低栄養になりやすく、誤嚥を起こしやすくなるのでしょう? 高齢者の食と栄養の関係と体の仕組みを知ることで、これらは未然に防げる場合も多くあります。『へるぱる 2024 3・4月』では、栄養をとることの大切さを学びながら、低栄養と誤嚥の予防について改めて考えます。

まず、「なぜ高齢者は低栄養になりやすいのか?」というと、大きな原因は「活動量の低下」です。活動量が減ると、食欲・筋力が低下し、低栄養への悪循環に陥ります。

本誌では、

  • 低栄養とは?
  • フレイルとは?
  • サルコペニアとは?

という基本情報を押さえながら、「低栄養状態を早期発見する」ためのチェック情報や高齢者からのサインなど、役立つ情報満載でお届けしています。

監修/阿部咲子
帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科准教授。管理栄養士、NST専門療法士、臨床栄養師、介護支援専門員、栄養経営士。介護老人保健施設や病院等で幅広い現場経験を経て現職。「高齢者の栄養ケアと中鎖脂肪酸の活用」(『栄養経営学エキスパート』日本医療企画)、『栄養士ダイアリー2022・2023』(共著、日本医療企画)などがある。

 

イラスト/黒木梓

関連記事
低栄養と誤嚥の予防②(2024/3/11公開予定)

この記事は『へるぱる 2024年3・4月号』に掲載されています

長年続く介護業界の「人手不足」。解消するには「採用」そして「離職を防ぐこと」が肝要です。『へるぱる 2024 3・4月』では、今働いている人のやりがいとモチベーションを高め離職を防ぐ取り組みを実際におこなっている事業所を複数取材し、実例をご紹介します。参考にできるポイント満載です。
研修テーマは①低栄養と誤嚥の予防 ②「接遇」傾聴を中心に考える、と、注目度の高いテーマ2本。その他にも、あいまいゾーン、介助術、料理レシピ、ホームヘルパー奮闘体験、老計第10号、書類の書き方、など現場で役立つ記事満載でお届けします。

 

発売日 2024年2月1日 定価2,090円(本体1,900円+税10%)

へるぱる2024年3・4月号

特集内容

巻頭特集

人手不足の今だから

「ここで働きたい」と思える職場づくり

研修特集1

高齢者の食と栄養の関係を改めて考えよう

低栄養と誤嚥の予防

研修特集2

「接遇」はなぜ大切か

傾聴を中心に考える

  • 〈体験談〉みんなの事業所どうしてる?
  • 福祉用具を使った 1人ひとりの介助術[第7回]
  • 〇×で読み解く! 老計第10号[第7回]
  • 法令等で割り切れないテーマもお助け
    あいまいゾーン
  • ホームヘルパー奮闘体験
  • 薬の知識Q&A[第4回]
  • 介護保険制度をはじめ気になる話題をお届け!
    知っとこ! 介護ニュース
  • 愛すべきヘルパーな日々
  • 実例から考える
    訪問介護の書類の書き方
  • バックナンバー販売店リスト
  • キラキラ へる★ぱる
  • へるぱるPICK UP
  • 野菜を使い切る! 高齢者が食べやすい時短レシピ
  • 日頃の感謝をこめてプレゼント
  • アンケートハガキの回答でQUOカードプレゼント!
年間購読はコチラから
紙版を買う
  • Amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
デジタル版を買う
  • 書店によってはお取り扱いが無い場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • デジタル版は紙の雑誌と内容が異なる場合や掲載されないページがある場合がございます。また、印刷はできません。あらかじめご了承ください。
お知らせ/新着記事一覧