20180620_01

【研修】おむつトラブル解決は5つの視点で考える

【視点3】排泄インナーと排泄アウターの組み合わせの問題

パンツ型紙おむつや、テープ止め紙おむつは1枚でも使えますが、排泄アウターとして中に尿とりパッドなどの排泄インナーを併用することで、交換の手間が省けて経済的です。

20180620_02

組み合わせの目安
排泄アウターの立体ギャザー内に、排泄インナーが入ることが組み合わせの重要なポイントです。立体ギャザーは尿をせき止めて漏れを防ぐ、おむつの要。足の付け根にぴたっと沿わせましょう。

監修/浜田きよ子
排泄用具の情報館「むつき庵」代表、高齢生活研究所所長、福祉住環境コーディネーター協会理事、NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会理事。主な著書として『排泄ケアが暮らしを変える』(ミネルヴァ書房)、『おむつトラブル110番』(メディカ出版)、『自立を促す排泄ケア・排泄用具活用術』(中央法規出版)ほか。

イラスト/福井典子

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年06月20日

この記事はこの号に掲載されています

【視点3】排泄インナーと排泄アウターの組み合わせの問題

へるぱる 2018年7・8月号25ページに掲載

おもな特集

  • 事例から対応のポイントを知る 「クレーム」を発生させない!深刻化させない!
  • 基本の予防策にプラスして実践! 食中毒・感染症から利用者を守ろう!
  • おむつトラブル 解決は5つの視点で考える!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事