20180706_01

【研修】おむつトラブル解決は5つの視点で考える

【視点5】尿漏れのとき利用者はどうしたいのか?

尿漏れの問題を解決するうえで大切なのが「本人の思いや希望の把握」です。尿漏れを、介護する側の問題として解決しようとしていませんか?利用者が何に困っていて、どうしたいのかという思いを把握する視点を持ちましょう。

おむつの中に手を入れてしまう
おむつの中に手を入れてしまう原因を考えましょう。かゆみがあってかいているようなら、皮膚トラブルを起こしている可能性が。医療職との連携も含め、皮膚トラブルを治療する方向で考えましょう。

20180706_02

自分でおむつをはずしてしまう
自分でおむつをはずしてしまうのは、「自分で排泄をしたい」という思いの表れと考えられます。自身の力で排泄する方向でできることはないか、介護に関わる人、皆で今一度見直しましょう。

20180706_03

おむつの上から陰部をさわっている
ペニスの位置に違和感があるのかもしれません。上下左右どちらへペニスを向けるかや、パンツの中で自由にさせたい、逆にぴしっと押さえておきたいなど、男性では快適なペニスの位置に個人差があります。排尿時もパンツの窓から出すのか、上からか、横からかなどさまざまです。

監修/浜田きよ子
排泄用具の情報館「むつき庵」代表、高齢生活研究所所長、福祉住環境コーディネーター協会理事、NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会理事。主な著書として『排泄ケアが暮らしを変える』(ミネルヴァ書房)、『おむつトラブル110番』(メディカ出版)、『自立を促す排泄ケア・排泄用具活用術』(中央法規出版)ほか。

イラスト/福井典子

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年07月06日

この記事はこの号に掲載されています

【視点5】尿漏れのとき利用者はどうしたいのか?

へるぱる 2018年7・8月号28ページに掲載

おもな特集

  • 事例から対応のポイントを知る 「クレーム」を発生させない!深刻化させない!
  • 基本の予防策にプラスして実践! 食中毒・感染症から利用者を守ろう!
  • おむつトラブル 解決は5つの視点で考える!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事