20180829_01

知っておきたい医療の知識

睡眠の疑問【1】夜眠れなくても昼寝をしていれば大丈夫?

利用者の生活に最も近い介護サービスを提供する訪問介護者だからこそ、知っておきたい医療の知識をお届けします。今回は、睡眠を取り上げます。

Q 夜眠れなくても、昼寝をしていれば大丈夫?

A 昼寝によって、さらに生活リズムが崩れてしまうため、不眠が進みます。
睡眠のメカニズム
人は、上の図のようなメカニズムで、毎日眠っています。ここで大切になるのは、「朝、日光を浴びること」や「食事をとること」です。とても基本的な行動ですが、これらを規則正しいリズムで行うことが、質のよい睡眠につながります。夜眠れなかったからといって、昼寝をして睡眠時間を確保することは、その場しのぎにしかならず、不眠そのものの改善にはなりません。かえって、リズムを乱す原因になってしまいます。まずは生活リズムを整えることから始めるようにしましょう。

堀 美智子
薬剤師。帝京大学薬学部医薬情報室を経て、1998年医薬情報研究所/(株)エス・アイ・シー設立に参画。現在は医薬情報部門責任者。東京・八王子「公園前薬局」店頭にも立ち、生活者の視点から医薬情報を発信している。著書に『介護職必携! お年寄りの薬おたすけブック』(メディカ出版)、『処方せん・店頭会話からの薬剤師の臨床判断』(じほう)などがある。

イラスト/みやれいこ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年08月29日

この記事はこの号に掲載されています

睡眠の疑問【1】夜眠れなくても昼寝をしていれば大丈夫?

へるぱる 2018年9・10月号50,51ページに掲載

おもな特集

  • ケアマネジャー&医療職との連携を目指して! ホームヘルパーに求められる医療の知識とは?
  • 現場で慌てないために 緊急時に備えていますか?
  • “虐待”の芽を摘むために 日々のケアからできること

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事