20181029_01

【研修】事故再発防止のために

リスクを最小化するためにできること

事故発生をできるだけゼロに近づけるため、ホームヘルパーとして何ができるでしょうか。事故再発防止のために取り組むべきことを紹介します。

利用者を知る・個別ケアを見直す
ケアの基本として、「利用者を知る」は何より重要。利用者のADL・IADL、認知機能、病歴、服薬状況などを把握し、その人が生活するうえでどのようなリスクがあるのか検討しましょう。

また、利用者の生活歴や日頃の習慣についても積極的に情報収集し、その人らしい生活を支援するケアができているか見直すことも事故再発防止につながります。

初回訪問から気を抜かない!
事故はいつ発生するかわかりません。新規に担当する利用者の場合、「初日はさすがに……」と思う人もいるかもしれませんが、気を抜かないこと。左記のような利用者情報に加え、事故発生時は誰に連絡するのか、主治医は誰かなど、初回訪問前に確認しましょう。

気づいたことを共有し合う
利用者の状態や環境は、常に一定ではありません。サービス中に気づいた「違和感」や「疑問」を大切にし、自分のなかだけにとどめず、すぐに周囲に伝えることが大切です。内容によっては、介護職だけでなく、医療職やリハビリ職など多職種との連携が求められることもあります。チーム全体で利用者を支えるという意識を持ち、できるだけ迅速に情報共有することを心がけましょう。

『へるぱる2018 11・12月』ではより詳しく取り組むべきことを紹介しています。

監修/岩永美穂
東京海上日動ベターライフサービス株式会社 ソリューション事業部 専門部長。社会福祉士、ケアマネジャー。訪問介護、居宅介護支援を運営している同社において、ホームヘルパー、サービス提供責任者等の研修体系の構築・社内講師の育成を担当後、現在は自社で構築したノウハウをもとに、介護サービス事業者向けのセミナー講師として全国で活躍中。

取材・文/ナレッジリング(中澤仁美) イラスト/しまだ・ひろみ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年10月29日

この記事はこの号に掲載されています

リスクを最小化するためにできること

へるぱる 2018年11・12月号21ページに掲載

おもな特集

  • 実例に基づいた“声かけ”で、サービス中の悩みを解決! 困ったときの対応法
  • 事故再発防止のために ~3つの視点で考える~
  • 改めて考えよう! 訪問介護に求められる口腔ケア

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事