20190118_01

食材がないときのお助けレシピ

しょうがの冷凍保存方法

すりおろしてラップで包む
しょうがをすりおろし、ラップの上に包みやすい分量を置き、薄く平らになるように包む。できるだけ空気が入らないよう保存袋に入れて冷凍室へ。

20190118_02

使うときはラップの上から、使う分だけ折る
必要な分だけを折って取り出し、残りは再び密封して冷凍室へ。

解凍法
室温で自然解凍。加熱する場合は、凍ったまま調理してOK

★冷凍食材の保存期間は、食材の種類、冷凍室の機能、開け閉めの回数など、条件によって大きく異なります。香味野菜に関しては、おおむね1カ月を目安に使い切りましょう。

本誌では、長ねぎ・青じそなどの他の香味野菜の冷凍保存方法もご紹介しています。

料理・栄養計算/岩﨑啓子
取材・文/坂口みずき 写真/伏見早織(本社写真部)

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年01月18日

この記事はこの号に掲載されています

しょうがの冷凍保存方法

へるぱる 2019年1・2月号98ページに掲載

おもな特集

  • これだけ読めば丸わかり! 訪問介護で押さえるべき「介護保険制度改正」
  • 介護職として 倫理・法令遵守をどう考える?
  • 認知症の人の気持ちを知ろう!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事