20190429_01

高齢者の健康お助けレシピ

【骨粗しょう症】しらす干しと小松菜のシチュー

しらす干し&乳製品でカルシウムもうまみもたっぷり
カルシウム534mg・295kcal・塩分2.2g

材料(1人分)
しらす干し…25g
小松菜…2株(90g)
牛乳…1カップ
スライスチーズ…1枚
サラダ油、小麦粉(もしくは片栗粉)…各小さじ1
にんにく(チューブ可)…小さじ1/2
塩…少々

作り方

  1. 小松菜は3cm幅に切る。にんにくはすりおろす。
  2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、しらす干しとを炒める。小松菜がしんなりしたら小麦粉と塩を加える。全体をよく混ぜ合わせるように炒めたら、牛乳を加える。
  3. 沸騰したら弱~中火の間の火加減にし、5~6分煮込む。チーズをちぎりながら加え、溶けたら火を止める。

お役立ち情報

  • しらす干しはカルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富。塩分量は10g当たり0.4gと多いので注意。
  • 桜えびもカルシウムを多く含み、うまみが出るので代用可。色味も鮮やかになる。
  • チーズはピザ用チーズ(20g)でもOK。

監修・料理・栄養計算/りんひろこ 写真/伏見早織(世界文化社)

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年04月29日

この記事はこの号に掲載されています

【骨粗しょう症】しらす干しと小松菜のシチュー

へるぱる 2019年5・6月号101,102ページに掲載

おもな特集

  • 要介護度をあげないために 高齢者の栄養を考えよう
  • 初心とプロ意識を忘れない 「接遇」の心得
  • 読み手に伝わる、ケアに生かせる書類の書き方 例文つき

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事