20190612_01

早めが重要! 脱水・熱中症予防

高齢者の熱中症患者が発生しやすい場所とは

「熱中症=高齢者に多い」という情報は周知のとおりでしょう。でも、一体どれくらい起こっているのか、どんな場所で発生しているのかなどを、把握していますか? 現状を知ることで、いかにホームヘルパーの役割が大きいのか、見えてくるはずです。

熱中症により150人以上が死亡
2018年は全国各地で観測史上最高気温を更新するなど、記録的猛暑に見舞われました。その結果、熱中症による救急搬送者数も、ここ数年と比べ約2倍に増加[資料1]。ほとんどの人は軽症で済んでいますが、死亡者も多数出ており、2018年はこのうち159人が命を落としています。

20190612_02

また、熱中症で救急搬送された人を年齢区分別で見てみると[資料2]、高齢者(満65歳以上)が最も多く45,781人。実に48.1%を占めています。この割合は、数年間ほぼ横ばいで推移しています。

20190612_03

屋外より住居での発生が多い
「部屋の中でも危険」とは知っていても、やはり熱中症は屋外での発生件数が一番多いと思っていませんか? 実際には[資料3]のとおり、住居が圧倒的。みなさんのなかにも、訪問時に利用者が倒れているのを発見し、救急車を呼んだ経験がある人もいるのではないでしょうか。

以上の結果からも、高齢者は熱中症の危険と常に隣り合わせであり、その発生場所として住居が上位にあることがわかります。逆をいえば、利用者宅でサービスをおこなう訪問介護職は、その予防にも大きく関わることができるはずです。

予防は1年中大切ですが、気温がグッと上がる梅雨の晴れ間などは、急な気温の変化に体がついていかないこともあり、梅雨入り前からおこなうのが有効。いずれにせよ早めの対策を基本としましょう。

監修/秋山正子
株式会社ケアーズ 代表取締役・白十字訪問看護ステーション 統括所長。NPO法人 白十字在宅ボランティアの会 理事長。認定NPO法人マギーズ東京 共同代表理事兼センター長。気軽に立ち寄って相談できる「暮らしの保健室」室長。「教えて!『かくれ脱水』委員会」委員などを務める。

取材・文/植田晴美

関連記事

  • 熱中症は脱水症から起こる
  • 高齢者が脱水症になりやすいのはなぜ?(6/19 公開予定)
  • 脱水症と熱中症は予防と初動が重要(6/26 公開予定)
  • ホームヘルパーができる脱水・熱中症予防【1】(7/3 公開予定)
  • ホームヘルパーができる脱水・熱中症予防【2】(7/10 公開予定)
  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年06月12日

この記事はこの号に掲載されています

高齢者の熱中症患者が発生しやすい場所とは

へるぱる 2019年7・8月号19ページに掲載

おもな特集

  • 利用者に合った使い方、できていますか? 福祉用具を見直そう!
  • 早め早めが何より重要! 脱水・熱中症予防
  • 個別の分析が 事故再発防止につながる!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事