20200206_01

利用者とのよりよい関係を目指して

働きやすい訪問介護の職場づくり

『へるぱる』にも、「求人をしても応募がない」「ホームヘルパーが辞めて残業続き」「利用者さんの暴言に困っている」といった悩みがたくさん届きます。

でも、これらを解決するために具体的な行動を起こしていますか? 「どうにかしたいけど、業務に追われて」「何から手を付ければいいのかわからない」、現状では、そんな声が多く聞かれます。

そうした中、先進的に取り組んでいる熊本県の動きに注目が!

20200206_02

本誌では、こうした取り組みについて、より詳しく取り上げています。人材不足を解決するためのヒントがたくさん詰まっています。

監修/田尻 亨
熊本県ホームヘルパー協議会 会長。介護福祉士。業界全体の地位向上や環境整備に努めながら、社会福祉法人熊本市社会福祉事業団 中央ヘルパー事業所の所長として、利用者支援の現場にも立っている。

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2020年02月06日

この記事はこの号に掲載されています

働きやすい訪問介護の職場づくり

へるぱる 2020年3・4月号48, 49ページに掲載

おもな特集

  • 離職率が減って、定着率UPにもつながる! 訪問介護職のメンタルケア
  • できることを奪わない! 認知症の人への介助のポイント
  • 改めて考えよう 訪問介護における自立支援

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事