20200210_01

できることを奪わない!

認知症ケアでホームヘルパーに必要なこと

心地よい「場」づくり
認知症になると、できないこと・わからないことが増え、不安に駆られるもの。できる限り、その“不安”を解消できるよう努めましょう。自宅を安心して暮らせる状態に保つのはもちろん、「ここにいていいんだ」「必要とされているんだ」と利用者が思える役割の提供や声かけも大切です。

目配り・観察力
利用者の健康状態、言動、暮らしぶり、家族の様子など、広範囲にわたっての「目配り」が大切です。そのために必要なのが「観察力」。「今日は何となく違う」といった、利用者の“体の表情を読み取る技術”も求められます。

この2つを元に、ホームヘルパーとして目指すのは「できること」を伸ばす関わり=自立支援です。認知症ケアにおいてもこれが重要となります。

監修/黒松基子
日本ホームヘルパー協会 副会長。公益社団法人 認知症の人と家族の会 島根県支部代表のほか、しまね若年性認知症相談支援センター 若年性認知症コーディネーターも兼任。介護の専門学校で非常勤講師もつとめる。

イラスト/オカムラナオミ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2020年02月10日

この記事はこの号に掲載されています

認知症ケアでホームヘルパーに必要なこと

へるぱる 2020年3・4月号14, 15, 18ページに掲載

おもな特集

  • 離職率が減って、定着率UPにもつながる! 訪問介護職のメンタルケア
  • できることを奪わない! 認知症の人への介助のポイント
  • 改めて考えよう 訪問介護における自立支援

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事