訪問介護に役立つ!研修資料に使える!へるぱる

老計第10号(厚生省老人保健福祉局老人福祉計画課長通知)からひもとく訪問介護計画書の考え方と書き方「第9回」

記事

  • 健康チェック
  • 排泄介助
  • 書類の書き方
  • 法令
  • 研修資料
  • 老計第10号
  • 訪問介護計画書
  • 起床介助
  • 足浴
老計第10号(厚生省老人保健福祉局老人福祉計画課長通知)からひもとく訪問介護計画書の考え方と書き方「第9回」

老計第10号は、訪問介護サービスの基本といえる法令です。『へるぱる』では、創刊以来、この法令を色々な視点から解説しています。老計第10号の解説のみにとどまらず、アセスメントやケアプラン原案から、利用者の意向をふまえて訪問介護計画書を作成する際に老計第10号の視点をいかに入れていくか、を事例に基づいて具体的に考えていきます。

今回の事例のAさんに関して、本人の意向をふまえてどんな支援ができるか、そのためのポイントは何か、老計第10号のどこに関連しているのか。本誌で順を追って解説していきます。

監修/松川竜也
一般社団法人神奈川県介護支援専門員協会 副理事長、沖縄県子ども生活福祉部高齢者福祉介護課統括アドバイザー、ツツイグループ医療法人徳寿会顧問。これまで厚生労働省老人保健健康増進等事業における委員や平成27年度改正に伴う介護支援専門員研修実務・専門・主任課程のカリキュラム策定などに携わる。

関連記事
第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回 / 第6回第7回 / 第8回 / 第10回(2022/12/26公開予定)

この記事は『へるぱる 2022年11・12月号』に掲載されています

介護に関連する言葉は無数にありますが、なんとなく聞いたことがあるけれど……という言葉を説明できなくてドキッとしたことはありませんか? 巻頭特集は、そんな「介護の言葉」を大特集します。“科学的介護”“介護DX”“ACP”etc……。どうでしょう、説明できますか? 『へるぱる』では、わかりやすく優しく解説していきますので、この機会にまとめておさらいしてみませんか。他にも研修特集は「認知症の人への気持ちに寄り添う配慮&対応法」「福祉用具を中心に 事故再発防止を事例から学ぼう」など、事業所内研修にも欠かせないテーマを、雑誌ならではの最新の切り口で掲載。訪問介護の現場に関わる様々なテーマを、毎号お届けする『へるぱる』です。

 

発売日 2022年10月1日 定価 2,090円(本体1,900円+税10%)

へるぱる2022年11・12月号

特集内容

巻頭特集

今、知っておきたい もう一度おさらい

介護の言葉

研修特集1

認知症の人への気持ちに寄り添う
配慮&対応法

研修特集2

移動・移乗時の福祉用具を中心に

事故再発防止を事例から学ぼう

  • 腰痛・感染症・事故etc…から
    自分を守る! 介助術[第5回]
  • 老計第10号からひもとく
    訪問介護計画書の考え方と書き方[第9回]
  • あらためて学ぼう!
    サービス提供責任者のお仕事[第5回]
  • 話題のテーマを実例から考える
    今、現場が知りたい あいまいゾーン[第5回]
  • 高齢者の薬&生活への影響[第15回]
  • 自分も職員も大切にしていますか?[第4回]
  • 介護保険制度をはじめ気になる話題をお届け!
    知っとこ! 介護ニュース
  • 愛すべきヘルパーな日々
  • 実例から考える
    訪問介護の書類の書き方
  • バックナンバー販売店リスト
  • キラキラ へる★ぱる
  • へるぱるPICK UP
  • 高齢者が食べやすい 免疫力を高めるレシピ
  • 除菌、消臭アイテム プレゼント!
  • アンケートハガキの回答でQUOカードプレゼント!
年間購読はコチラから
紙版を買う
  • Amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
デジタル版を買う
  • 書店によってはお取り扱いが無い場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • デジタル版は紙の雑誌と内容が異なる場合や掲載されないページがある場合がございます。また、印刷はできません。あらかじめご了承ください。
お知らせ/新着記事一覧